京都
ーベル部
バーベル部は科学的なトレーニングによって徹底的な肉体改造を目指す体育会所属のクラブです。

リバトラナイト

2017年度 リバトラナイト

【報告】

2017年8月19日(日) 16:00開始
会場: 渋谷ハーレム (ナイトクラブ)
http://rebattlernight.com/

出場者: 松ヶ迫直也 (4回生)
結果: 男子フィジーク ショートクラス優勝 (14名出場)

5月頃、部員の松ヶ迫くんがサマースタイルアワード2017大阪大会に出場し、見事フィジーク部門で優勝したという報せを受けて、是非ステージに立つ姿を見たくなりました。アメリカ留学中には何度かNPC(最大手アマチュアボディビル団体)のボディビル大会の男子フィジーク部門を観戦した事もあり、日本では、どんな選手が評価されるのか、選手層は、との興味もあった為に、この8月の大会は特に楽しみにしていました。

ここで、私自身の情報整理を含めて少しまとめると、男子フィジークは比較的新しい競技で、世界最高峰のボディビル/フィットネスの大会であるオリンピアに部門として取り入れられたのが2013年、日本のボディビル団体JBBFが第1回全国大会を開催したのは2015年となっています。
しかし「細マッチョ」という言葉ははるか前から浸透していましたし、他競技からの転向または並行がボディビルよりも容易で、何より「サーフパンツ」「細マッチョ」「かっこいいカラダ」というイメージが分かりやすく、競技人口や大会観客動員数は急激に増えています。
一方でルールや評価基準においてはまちまちで、極端にバルクアップされた筋肉や限界までの絞り込み、筋肉を誇張するポージングなど、ボディビルのアピールそのままでは減点対象となるのは共通しているものの、サーフパンツの種類に制限があったり、更にそのサーフパンツのデザインや顔の表情、髪型に至るまで評価されたりと、団体/大会ごとに様々なケースがあるようです。
なお関連して海外のことについて述べると、「女性フィジーク」は実質的にボディビルと同じで、男性フィジークと違い大腿部も他の部位と同様に評価されます。
女性は他に、研ぎ澄まされた肉体美を左右対称のポーズで表現する「フィギュア」、絞り込みは抑えつつ動きのあるポージングでセクシーさをアピールする「ビキニ」、肉体美をフィギュアと同基準で採点しつつ、チアリーディングや新体操のようなパフォーマンスと総合して評価する 「フィットネス」などもあり、本当に多様かつ競技人口はボディビル単体の時代よりも遥かに増えています。
東京オリンピックを控え、今後日本でも更にフィットネスブームが広がる可能性は大いにあるでしょう。

なお今回の大会の審査基準は
・バランス(逆三角形)が取れた適度な筋肉量
・無駄な脂肪を削ぎ落とした体
・ステージ上でのポージングや立ち振る舞い
となっており、これらを前後左右のリラックスポーズで比較審査します。 ボディビルと違い、決勝ラウンドでも音楽に合わせた個別のポージングはありません。

当日は仕事後に向かった為に18:00過ぎの到着となりましたが、予選審査集計中の休憩時間に滑り込めたようです。
ナイトクラブが会場なので座席は無く、何十人もの観客全員が立ったままでの応援という形でしたが、ステージとそのライティングは十分で、クラブならではの大型スクリーンもありました。
観客はと言えば、私より一回り以上大きい人もいれば、いわゆる細マッチョもいたりして、様々でした。
ただ皆がTシャツやタンクトップというラフな服装で、明らかに仕事帰りのワイシャツにビジネスバッグという姿なのは私一人で、少し恥ずかしかったです(笑)
到着後間もなく休憩が終わり、U20の決勝進出者発表、次いで松ヶ迫くんの出場するショートクラス(170cm以下級)の決勝進出者発表が始まりました。
ゼッケン番号が順番にコールされて14名全員がステージに並ぶまではこちらも緊張しましたが、26番の松ヶ迫くんがステージに登場した瞬間には私も笑みがこぼれました。
青いサーフパンツで大腿部は隠れているもののキチンと全身が仕上がっているのが分かり、決勝進出は確実だと確信したからです。
しっかりとシックスパックが浮き出た腹筋と横に広がる肩の筋肉は逆三角形を作り出し、堂々としたポーズに笑顔。
当然決勝進出者としてコールされて一安心でした。
全選手が揃った時点でもボディビル基準ならば一位か二位かと感じましたが、それ故にフィジークとしては減点対象となるかも、ということが気がかりでした。
引き続き行われた8名での決勝審査でのファーストコール・・・「29番! 32番! 26番! 30番!」・・・
松ヶ迫くんの26番を飛び越えて29番から始まったために一瞬驚きましたが、結果的にステージ中央に立っての比較となりました。
その第一印象は、「十分優勝できる」でした。
決勝進出者を見渡してみると、より仕上がりが厳しかったり、部分部分の筋量では上回ったりする選手も複数居ましたが、全身を見た時に際立つ肩の発達が一番だったのが松ヶ迫くんでした。
先述の通り、ボディビルと違って筋肉をフレックスするポーズが取れない以上、自然体で目立つ肩の存在は大きな武器となっていました。
その為、その後も明らかに上位としての比較が続きます。一方で心配なのは、肩がある分、大胸筋の厚み不足が目立つ点でした。
胸だけで言えば、複数の選手に厚みや形で遅れを取っていたかと感じました。
また、松ヶ迫くんのポージングは正面と背面はスキがないのですが、サイドポーズの時に前のめりの姿勢になってしまい、やや安定感を欠きました。
フィジークのポーズは基本的に左右非対称の為、少し踵を浮かすのがシルエットを良くするテクニックの一つかと思いますが、それが裏目に出たのかも知れません。
改めて上位グループを見てみると、ファーストコールで真っ先に呼ばれた29番の選手こそが肩はやや弱いながらも大胸筋の厚みは一番という真逆のタイプで、ポージングも安定しており、一番の脅威と感じました。
その後も松ヶ迫くんとの比較が続き、優勝争いに関わっている事は明らかでしたが、予断は許さない状況です。
十分な比較の後ショートクラスは終了し、順位発表は最後の表彰式を待ちます。 引き続き行われたミドルクラス(175cm以下級) 及びトールクラス(175cm超級)の決勝審査もレベルが高く、見応えがありました。
ところで、特にミドルクラスでは完全なバルク型ボディビルダーの選手が優勝確実という形で比較が進行しており、少なくともボディビル体型という事だけでの減点は無い、と一安心しました。
全クラス決勝審査後に、表彰式で結果発表・・・ 8位から順にゼッケン番号と名前がコールされていきます。
ボディビルと違ってポーズダウンは無い中での発表ですが、会場の興奮は高まります。 松ヶ迫くんは、ショートクラス優勝の快挙でした。
2位はやはり大胸筋が目立った29番の選手で、3位は松ヶ迫くんに次いで肩が良い32番の選手でした。
その後 松ヶ迫くんはショートクラス代表としてミドルクラス、トールクラスの優勝者と競いましたが、さすがにミドルクラス優勝者の圧倒的筋量には敵いませんでした。
しかし、本当によく頑張ったと思います。 お疲れ様でした。
なお私が実際に応援に行くことは伝わっていなかった為、残念ながら大会後に本人に会って労いの言葉をかけることは出来ませんでしたが、次回大会では是非どこかに連れて行きたいです。

後日スコアカードを見てみると、 ショートクラス優勝は本当に僅差だったようです。
松ヶ迫くんは4位票から1位票までバラついていましたが、29番は2位票をコンスタントに取るという形でした。
1次集計では同点でしたが、より多く1位票を取っていたという事が優勝の決め手となったようです。
審査というのは難しいと実感しましたし、松ヶ迫くんには今後も勝つ為に分析と対策をして欲しいと思います。
なお、2004年に全日本学生ボディビル大会で優勝し、その後もボディビルの社会人大会で活躍した西谷芳春選手の名前もスコアカード上で見つけ(当日欠場)、もし出場していたらどうなったか、審査基準を狂わす存在となっただろうか、と新たな思いがよぎりました。
ともかく、次の大会が今から楽しみとなりました。 期待しています。

ここで少しだけ(?)苦言を。最初に書いたとおり、私も楽しみにしていた大会でしたし、他のOB方に応援を呼びかけもしました。
ところが神経質になっているとは言え、松ヶ迫くん自身が部員の応援を断り、更に公式HPで事前アナウンスをしていたにも拘らず「知らないOBが来てもらっても困る、来ないでほしい」(原文ママ)と、大会直前になってHP上から活動予定を削除するなどの乱暴な行動があり、残念な思いになりました。
この観戦記も、誘われずに放置された他の部員やOB方に向けて書くことを決めました。
大会での活躍はまさに部の活動そのものです。
選手は個人プレーに徹するのではなく、他の部員に刺激を与える存在となり、幹部は準備期間から大会当日の応援/慰労までを協力しあってこそ、部の隆盛に繋がるでしょう。

「松ヶ迫のこれからをぜひ、応援をしていただきたい」
というサマースタイルアワード決勝観戦記のOB黒川氏の言葉を、私からも現役部員に再び送りたいと思います。
是非、「選手は大会に出場しさえすれば良い」「他の部員は無関心」「参戦記は放置」「観戦記もOB任せ」にほぼなりかけている現状から脱却し、部員同士が応援は勿論、写真撮影や観戦記執筆も行い、選手自身もきちんと参戦記を残すなど、次の世代へ繋げる行動を起こして下さい。

ショートクラス(170cm以下)結果
優勝 松ヶ迫 直也
2位 小西拓洋
3位 小野澤秀治
4位 マッスルラビット
5位 阿部敬介
6位 齋藤晶太
7位 橋本圭右
8位 今村修平

<文責 田中OB>



※画像はクリックで拡大できます。

1 1